【圧縮コイルスプリングの仕様・規格】 個人用途から企業用途まで幅広く対応可能です。 小ロットパックでお求め安い仕様を実現しています。 試作ニーズから量産ロットまで対応可能。


圧縮コイルバネの規格について

圧縮バネについて (各ページのご案内)


圧縮コイルばね

圧縮方向に力を加えると戻ろうとする方向に反発するばねを総称します。
コイル状のものを圧縮コイルばねといいます。
初期状態で、コイルの間隔はあいています。
圧縮方向に力を加えてゆき、コイル間隔が密着するまでが全ストロークになります。
通常は、密着状態まで使用することはありませんが、取付状況・ご利用環境等に合わせて測定値を
表記しておりますので、外観的な要素および、力学的な要素を検討しながら、最適なばねをお探し
ください。

圧縮コイルバネは、自動車のサスペンションやベッドのコイルスプリングなどに利用されています。


 

仕様図・規格概要

 
仕様図

規格の概要

C 規格 全230種
(社)日本ばね工業会制定の規格を基に、独自の管理項目(基準荷重)を
追加し配列した規格です。
P 規格 全212種
DC 規格 全475種
欧州において普及しているドイツの規格(DIN2098)圧縮ばねを参考に、
独自の管理項目(基準荷重)を追加し、配列した規格です。
 
 

規格およびばね仕様

 
 
材質

規格のシリーズや、サイズによって使用材料が異なります。

シリーズ名称 線 径 鋼 種
C規格 全サイズ SUS304WPB ばね用ステンレス鋼線
DC規格 φ0.5mm未満 SUS304WPB ばね用ステンレス鋼線
φ0.5〜5.0mm未満 SWP-B(ピアノ線)
φ5.0mm以上 SWP-B(ピアノ線) もしくはSWO-B(オイルテンバー線)
P規格 φ5.0mm未満 SWP-B(ピアノ線)
φ5.0mm以上 SWP-B(ピアノ線) もしくはSWO-B(オイルテンバー線)

 

ばね特性及び寸法の許容差

 
 
ばね特性

許容時と基準時の二点間で荷重管理することにより、精度の高い品質管理を行っています。

項 目 許容差 ※1 縦横比の大きい=ロングストロークな一部のばねについては、
   基準荷重のみの管理になります。
基準荷重 ±10%
許容荷重 ±10% ※1
許容荷重について 許容荷重を超えてのご使用はおやめください。
許容荷重は、その時の応力が JIS B 2704に定められた圧縮ばね許容ねじり応力の80%に
なるよう設定しています。
基準荷重について 独自に定めた値で許容荷重のおよそ60%を基準荷重としています。
選定の目安としてご活用ください。

自由高さ

荷重重視により、参考値です。


コイル外径

コイル径は外径基準で管理しています。許容差はJIS2 級にもとづいています。

等 級 2 級 ※2 D/d= ばね指数
    コイル平均径と線径の比です。
※3 最小値について、上図左の%で算出された
    値が右の最小値を下回る場合は、最小値が
    優先されます。
D/d ※2  4 以上 8 以下 ±1.5% 最小±0.2mm ※3
 8 を超え 15 以下 ±2.0% 最小±0.2mm
15 を超え 22 以下 ±3.0% 最小±0.5mm

総巻数

荷重重視により、参考値です。


巻方向

右巻き


端末形状

クローズエンド
研削処理の有無については、以下の通りです。規格や線径サイズによって異なります。

シリーズ名称 研削の有無 ▼クローズドエンド
研削無し
▼クローズドエンド
研削有り
C規格 線径φ 0.8mm 未満、研削無し ※4 研削なし 研削あり
線径φ 0.8mm 以上、研削有り
DC規格 線径φ 0.5mm 未満、研削無し
線径φ 0.5mm 以上、研削有り
P規格 全点研削有り ※4 製品番号C228 のみ、線径φ0.7mmですが研削有りです。

※製造ロットにより外観色・光沢に若干差を生じる場合がございますが、ばね特性に影響はございません。
※仕様は予告無く変更する場合がございます。

 

contents contents contents


PR: