【特注圧縮コイルバネ 特注品も通販いたします】1本からでも対応は可能です。もちろん大型需要にも対応いたします。


特注圧縮コイルバネ

■ 短納期で対応いたします。製品によっては2〜3日での出荷が可能です。

■ お見積は1個から、簡単な図面でOK!!設計いたします。

■ 耐熱材(インコネル)や角材等の異形材についてもご相談ください!!

 

圧縮コイルバネの特注品の製作について


製作が比較的簡単で性能が安定しやすく、ばねの中でも最も多く使われている形状です。
線径は 0.2mm〜 40mm 以上も製作できます。

極細ばね

特注極細ばね

導通検査用ピンや医療機器等には欠かせない
ばねです。肉眼ではピッチは確認できません。

円錐ばね・鼓ばね

特注円錐ばね・鼓ばね

主に電池ばねに多く使われる形状です。
たわみ量が多く必要な時にも用いられます。

平線コイル

特注平線コイル

使用用途はさまざまです。
どんな形状でもお問い合わせください。

 

圧縮コイルバネの設計上の留意事項


●ばね指数 C=D/d(コイル平均径÷材料径)
コイル平均径と材料径との比率です。(4〜10程度を推奨)
D/dが大きくなると、スプリングバックが大きくなり成形しにくくなります。
D/dが小さくなると、コイル内径側に著しく応力が集中し、材料の折れ
やコイリングピンの折れが発生しやすくなります。
●縦横比 FL=CD(自由長÷コイル平均径)
自由長とコイル平均径の比率です。(0.8〜4.0程度を推奨)
この値が大きいと、使用方法によってばねが座屈を起こします。
●有効巻数 Na
ばね定数の計算に用いる有効な巻数で、荷重特性を得るためには、
3巻き以上が良いとされます。
●総巻数 Nt
コイルばねの巻き始めから、巻き終わりまでの巻数のことです。
圧縮コイルバネの端部において、見かけ上ばねとして作用しない部分
を含みます。これらは通常両端に各1巻付き、線径0.5mm以下は特に
研削を必要としません。
したがって、総巻数5巻以下は避けた方がよろしいでしょう。
●巻方向
特別指示のない場合は、通常右巻きになります。
左巻きでの製作も可能です。
●自由長さ Hf
荷重特性の指定がある場合は一般的に参考値になります。
●密着高さ Hs
密着高さを測定する事は困難なので、通常は許容差をつけません。
密着高さの計算方法は以下のようになります。
無研削の場合:(総巻数+1.0)×線径
研削有の場合:総巻数×線径
●荷重特性の注意点
たわみの小さい箇所では端部の影響で、たわみの大きい箇所では
部分的にコイルが密着する影響で、荷重特性が計算通りに出ない
場合があります。
 

ばね用材料一覧表 (特注品オーダーの参考にしてください)


特注品の仕様送信はこちらからお願いします

 
 
 

contents contents contents

 



PR: